mizuame.3rd

フィクションです。

おかえり。 ごち

 

 

女の子のアイドルを見るようになって、明確に「この子が好きだ!」と思った子がいたんだけど、あっという間に綺麗になってあっという間にこの世界から去っていったのよ

お休みします、ってお知らせがあった時はいい歳して手紙書いて送ってしまった。送らずにはいられなかった。

晦日に最終的な「お知らせ」があって、年末の忙しなさから大泣きまではしなかったけど少し辛くて喉の奥がギュって詰まった。残念だけど、寂しいけど、あの子が辛いままだったら私はもっと辛いなって思ってたから。

写真を撮るセンスがめちゃくちゃ良くて、あの子が撮るメンバーの写真はいつも写真集の1ページみたいだった。ブログにあげる私物の写真もなんだかこだわりを感じた。最近よく見る白い壁を背景に手で持った写真とかじゃなくてね、壁の色も映り込むアイテムも真似したいなって思うくらい、魅力的だった。

写真の勉強をしてると言ってたから

、メンバーの写真集でも何かの広告でも、いつの日か撮影者としてあの子の名前が小さく載ってくれたらいいなって、お休みする時に書いて手紙にも綴った。私以外のファンもそんな風に言ってた。

辞めてからも公式ブログは残ってたからたまに読んだりして、「面白いこと言うなー」「お洒落な写真だなー」と何度も読み返してた。この世界観を楽しめないことは結構寂しくて、せめてブログだけでもどこかで続けてほしかったなとさえ思った。

もしかして、と思うざわつきをたまに見かけて、でも確証

もないからなんとなくやり過ごして、でも勘違いではなかったみたい。

元気そうで良かった、笑ってくれていて良かった。それを外に向けて言えるくらいに楽しい世界にいて、共

有させてくれてありがとう。邪魔はしたくないから、静かに遠くから見守らせてください。

 

 

煩悩の数がやばかった

今朝、めざ◎しテレビでそんな診断をやっていて、データ放送で参加できたからやってみたところ、私の煩悩は864個でした。108個を有に越えていた。多すぎる!それってたぶん途中から同じような欲望を違う表現にしてるやつ!

裕福なアメリカの家庭で生まれてたらとんでもない問題児になってたかな?思いのままに全てが手に入るって、デイダラボッチが人の命を吸いすぎたあの姿そのものな気がする。

そういえば、金曜日は魔女の宅急便が放送されましたね。幼少期からVHSで何度も見返してセリフのリズムや何やら全部インプットされてるシリーズですよ。思い返すとジブリやディズニーが主にその対象だったんだけど、どういうローテーションでそれらを鑑賞していたのがイマイチ思い出せない。でも、まんべんなく覚えてるということはほぼ毎日、保育園から帰ってくればすぐさまどれかを再生してたんだろうな。たぶん1日2作品見たりとか、普通にしてたんだと思う。両親は共働きで、徒歩数分の送り迎えは祖母がしてくれて、家ですることはビデオ鑑賞だから祖母的には放っておけて楽だったんだろうな。

キキがラジオを箒にぶら下げて飛び立って、楽しいお話が始まるワクワク感が大好きだったのに、この前はクライマックスの借りたデッキブラシに跨るキキにジーンときて泣けてしまった。でもそういう人が多かったみたい。

「なの」更新

「なの」が最近ちょっと口癖なの。可愛く思われたい願望なのかなの?

でも「な」「の」の並びは可愛いよね。

何が言いたいかっていうと、つまりは単純に ねむいのさ。

 

まだ1月だっていうのに、結婚妊娠出産不倫そして逝去が立て続けにあるわね。トータルで振り返れば結局は例年の如くなんだろうけど、こう1週間ごとに代わる代わる話題があるってなかなかない気がする。

じゃあ何に意識が向くかって、人はやっぱり誰かがつらい目に合う方に自然と流れていっちゃう。なんでだろう。あ、でもDいごさんとK川さんの会見は何度見ても幸せな気持ちになったから、あれは近年稀にみる例外かな。

さっきまで例の両成敗の方たちの話題を書いてたんだけど、支離滅裂になるしどんどん言葉が悪くなるからやめることにした。ついったーにも書いたんだけど、不○していい人っていると思う。絶対に証拠残さない、家庭が常に最優先、とかそういう制約をしっかり決めてる人。あと頭が良くて割り切れる性格とか、諸々あげてくと結果的にそんなちゃんとした人は不○なんてしないよねってなるの。

だから大抵やってる人は頭悪くて自制が効かないから、バレる。そういう人たちに限って「自分たちの愛は本物」「上手く隠せてる」という根拠のない自信に満ち溢れてる。馬鹿だね、ほんと馬鹿。正しく不○してる人たちに謝れ!

やっぱ支離滅裂。

誕々更新

はっぴばーすでーとぅーみー☆ということで今年も年を重ねることができました。去年との一番の違いは妹があっさり結婚したことかな??それしかないね(笑)

連絡とりたいな、会いたいなっていう人がいるのに、少し疎遠になってしまった。年賀状も届くのかすら不安である。寂しいもんだね。あちらは私のことを思い出す日があるんだろうか、なんてことを時折考えたりもする。

誕生日プレゼント、物欲なさすぎて今年もおねだり出来なかった(笑)でも色々とご馳走を用意してる様子なので楽しみである。来年は欲しいもの考えて伝えよう!あと彼には新しい財布買ってあげよう!ぼっろぼろ!

かんたん更新

実家を出て明日で1年が経とうとしています。というのに、今気が付いた。

一人暮らしではないけども、実家ではない生活は想像以上に自由だなと思いました。その分お金はかかるけどその辺も含めて家を出たいとずっと思ってたから、思い切って良かった。

でも車の支払も先月で終了したから、少しだけ余裕ができるのかな。そしたらもうちょっと貯金もしっかりできそう。

rude

f:id:rdfcO:20150726100202j:plain

夏って感じの1枚(水泳帽男児がまた良い味出てる感)

今年の海水浴の時に撮影したもの。右上にある黒くボヤけたものはレンズの傷のようなのでもう諦めてます。せっかく綺麗な景色を撮影してもこんな感じになるんです。

そんなわけで今年の夏のエトセトラをどーんと載せてみる。お題で投稿しようと思ったらあっという間に締切になったので単独で楽しむ。

f:id:rdfcO:20150726123152j:plain

このあと影から出てる部分だけヒリヒリになるとは

ビーチサンダルって足の形状が合わなくて親指が痛くなるんですね。だから安めのものを買ったら意外に履き心地よくて、この日以降ずっとコレ履いてました。

f:id:rdfcO:20150726115427j:plain

風もなくひたすら暑い

ちびっこメインのファミリー層が多めなので、2~3時間も遊べばすぐ撤退してすごく回転の速いこと。子どもは勿論ギャン泣きで居座ろうとするけども。

海水浴は以上。お次はまた違う場所の海の写真(笑)

 

f:id:rdfcO:20150809110320j:plain f:id:rdfcO:20150809114906j:plain

同じ海だけど、地上何十メートルと地上からはこんなに色が違って見えるの

左の写真、白い鳥4羽が飛んでるのを一生懸命捉えたのです。前に来たときは遊覧船が出てたけど、この日は出てなくて乗れなかったから残念。

次は打って変わって山!山!山!

f:id:rdfcO:20150816163705j:plain

山×シャボン玉(真ん中あたり)

80円でシャボン玉売ってたから嬉しくてやっちまったアラサー。でもね、風に乗っていい感じに舞い上がって知らない誰かが「しゃぼん玉だ!」って言ってもらえるのってなぜか嬉しいもの。

f:id:rdfcO:20150816163445j:plain f:id:rdfcO:20150816163742j:plain

黒いのがジャマ!

景色そっちのけである。

f:id:rdfcO:20150816163621j:plain

そっちのけ感がよくわかる1枚

 

最後は私生活エトセトラ。

f:id:rdfcO:20150822181604j:plain f:id:rdfcO:20150903182216j:plain f:id:rdfcO:20150903195045j:plain

左から順番に。

「machiちゃんの髪型って奈◎緒と一緒なんだね」と友人から指摘され、そこからセンター分け意外の前髪を提案されて四つ編み+ヘアピンというコンボを食らった写真。最終的に私がヘアピン買って装着して一人で撮影したんですけどね。

真ん中と右の写真は夏の終わりのトマトから煮込んだカレーです。玉ねぎ多めに刻んでみたら意外と水分がしっかり出たので水を一切加えずに出来上がりました。トマトが熟れて甘いので辛口でも全然大丈夫な模様。

夏の終わりは寂しいから好きじゃないと誰かが言ってたけど、私はやっぱり夏が遠のく空気は好きだな。寂しいけど、その寂しい空気すら嬉しい。やっぱり奴とは分かり合えなかったんだな。

やりたいことが目の前にありすぎて

唐突に思いついて海水浴に行ってました。7月後半の夏休みに入ったくらいの時期だから人の多さが心配だったけど、前日から準備して朝早くに出発したおかげで満喫できました。目的地が海水浴場ではなく海浜公園だったおかげかもしれない。小さい子をちゃぷちゃぷさせるファミリーがメインだったので、リア充たちはほとんどいなかった。同行した職場の人は水着ギャルを求めたので残念w 私も一応水着買って着ました。ビキニだけどパレオ付いてるから大丈夫、誰にも迷惑かけてない。

その海浜公園はイルカの出るスポットだったらしく、私が行った日は現れず。後日たまたまフェイスブックで見かけた美少女は、昨年のこの時期にイルカと遭遇して目の前を泳いでたというエピソードを披露してました。水面に背びれが見える写メまでご丁寧に撮影。私、海の中にスマホ持って行ってない!なんかもう美少女のすることが全て功を奏してるよね。生まれ持ったものの違いを感じた夏でもありました。

先週はまた遠出して人気の灯台まで行ってみました。そこは彼氏と付き合って初めて遠出した場所だったので約3年ぶり。灯台の上まで螺旋階段を上っていくのです。ラスト30段はほぼ梯子状態。上るたびに左膝をぶつけて「イテー!」と叫んだのでたぶん上で景色見てる人にも聞こえてたと思う。無事、痣になってました。とにかく日本海って深いブルーなんですよね。濃くて深い。はてなハイクに載せたので良ければ見てね。イルカを探すけどまたしても現れず。(探し過ぎですね)例によって猛暑日だったので気を付けてたんですが少し熱中症になりかけました。たぶん螺旋階段頑張りすぎた。普段は冷房の効いたところで過ごしてるからダメージが大きかったみたいです

実は夏祭り関係は全く行けていない。遠出する日に被っちゃうんだなーこれが。でも今年は例年よりも楽しく感じます。